社会福祉法人エンゼル福祉会

法人概要

法人名称 社会福祉法人 エンゼル福祉会
法人認可 平成10年12月 (認可番号 埼玉県高福第1352号)
代表者 理事長 小林 義男
法人所在地 埼玉県越谷市川柳町3丁目60番1
理事長 小林 義男
◆ 理事長 小林 義男
◆理事
瀧澤 義矩 / 小俣 邦夫 / 野口 實 / 高川 厚司 / 名原 隆
◆監事
浦田 光雄 / 安田 義弘
◆評議員
西尾 孝幸 / 桜井 均 / 塚本 昇 / 石黒 秀喜 / 深井 明 / 三上 一幸 / 金子 達男

事業内容

越谷なごみの郷
所在地
事業の種類
第1種社会福祉事業 特別養護
老人ホーム
(介護老人福祉施設)
84名
(従来型個室 32室)
(多床室 26室
・4人部屋×8
・2人部屋×18)
特別養護
老人ホーム
(介護老人福祉施設)
50名
(従来型個室 50室)
特別養護
老人ホーム
(介護老人福祉施設)
ユニット型
個室100名
(10ユニット)
多床室 40名
特別養護
老人ホーム
(介護老人福祉施設)
40名
(4ユニット)
第2種社会福祉事業 ショートステイ
(短期入所福祉施設)
16名 ショートステイ
(短期入所福祉施設)
20名 ショートステイ
(短期入所生活介護)
ユニット型
個室20名
(2ユニット)
デイサービス
(通所介護)
50名 デイサービス
(通所介護)
50名
ホームヘルプ
サービス
(訪問介護)
ホームヘルプ
サービス
(訪問介護)
公益事業 居宅介護支援
事業所
居宅介護支援
事業所
居宅介護支援
事業所
地域包括
支援センター
配食サービス
地域包括
支援センター
所在地
第1種社会福祉事業 地域密着型
介護老人福祉施設
ユニット型
個室29名
(3ユニット)
ショートステイ
(短期入所生活介護)
ユニット型
個室9名
(1ユニット)
第2種社会福祉事業 認知症対応型
通所介護
12名
◆系列会社
株式会社 大起エンゼルヘルプ
東京都荒川区
http://www.enzeru.co.jp

沿革・実績

社会福祉法人エンゼル福祉会の沿革・事業実績

2012(平成24)年 9月1日 現在
年 月 内 容
平成10年12月 社会福祉法人エンゼル福祉会の認可を受ける
平成11年 8月 埼玉県知事より指定居宅介護支援事業者として指定
平成11年12月 「特別養護老人ホーム 越谷なごみの郷」を開設
(特別老人ホーム50床、短期入所生活介護20床、
デイサービスB型15名、デイサービスE型8名)
埼玉越谷市より委託を受け、在宅介護支援センター越谷なごみの郷運営開始
平成11年10月 埼玉県知事より指定居宅サービス事業者」として指定
(訪問介護・通所介護・短期入所生活介護)
平成12年 4月 訪問介護事業の開始
平成12年 7月 通所介護の単位数を2単位から1単位へ減らし、定員を23名から60名に増やす
平成13年 4月 短期入所生活介護のベッド4床を特別養護老人ホームのベッドに転換
(特別養護老人ホーム54床、短期入所生活介護16床)
平成15年 4月 埼玉県知事より指定居宅介護支援事業者として指定(身体障碍者・知的障碍者・児童)
平成15年 10月 居宅介護支援部門、通所介護支援部門、訪問介護支援部門、施設介護支援部門
(特別養護老人ホーム、短期入所生活介護)において、品質保証に関する
国際基準規格「ISO9001」の認証を取得 (登録番号 JQA-QMA10573)
平成17年 4月 特別養護老人ホームを30床増設
(特別養護老人ホーム84床、短期入所生活介護16床)
平成18年 4月 埼玉県知事より指定介護予防サービス事業者として指定
(介護予防訪問介護・介護予防通所介護・介護予防短期入所生活介護)
埼玉県越谷市より委託を受け、
「越谷市地域包括支援センター越谷なごみの郷」の事業開始
埼玉県越谷市長より指定介護予防支援事業者として指定
平成19年 4月 埼玉県越谷市長より指定地域密着型サービス事業者(認知症対応型通所介護)
及び指定地域密着型介護予防サービス事業者(介護予防認知症対応型通所介護)
として指定(定員12名)
平成23年 5月 「地域密着型介護老人福祉施設 越谷なごみの郷」を開設
(地域密着型介護老人福祉施設29床、短期入所生活介護9床)
平成25年 3月 「特別養護老人ホームおたけの郷」を開設(東京都荒川区)
(特別養護老人ホーム140床、短期入所生活介護20床)
平成25年 4月 「指定居宅介護支援事業所おたけの郷」の事業開始
平成26年 10月 地域包括支援センターがひのき荘へ移転
越谷市地域包括支援センター 川柳・大相模に名称変更
平成29年 4月 社会福祉法人エンゼル会(茨城県取手市)を吸収合併